どんなサービスにどんな支払いが発生するか

握手

M&Aの仲介手数料にはさまざまな体系があり、発生タイミングもバラバラです。まず相談料ですが、こちらの相場は5,000円~10,000円程度で、正式依頼をする前に発生します。ただし現在では競合が多いことからほとんどの仲介会社が無料としています。次に着手金ですが、おおむね50万円~200万円程度で、業務を始める前に支払う準備金です。結果的にM&Aが成立しなくても戻ってきませんが、最近ではこちらも無料とする仲介会社が増えています。次に中間金があります。こちらは50万円~200万円程度で、基本合意契約に至ったときに発生します。成功報酬の一部という位置づけにしている会社も多く、成功報酬総額の10~20%になるのが一般的です。肝心の成功報酬額は売却費用に左右されますので、最終契約を結んだ後に支払うことになります。成立しなければ発生しませんが、譲渡額を元にレーマン方式という計算方法で決定されることが多いです。リテイナーフィーが発生する契約もありますが、こちらは仲介会社に毎月支払う月額手数料になります。だいたい30万円~200万円ですが、成立するまでずっと支払いが続くので依頼する前に十分承知しておいてください。ちなみにデューデリジェンス費用というものがありますが、これは財務調査費用のことですので正確には仲介手数料ではありません。相場は10万円~80万円程度が相場でしょう。

仲介会社を用いる効果はどこにあるのか

社員

前述の通り、M&Aを仲介会社に依頼した際には、さまざまな仲介手数料が発生します。ざっと相場を計算したときに、果たして費用をかけてまで仲介を依頼する必然があるのかと悩むオーナーもいるでしょう。ただ結論からすれば、M&Aを実施するなら仲介会社は欠かせない存在です。M&Aを成功させるには財務会計や税関連だけでなく、経営戦略などの幅広い専門知識が必要です。オーナーが自分一人の力で完結させるのは困難ですし、税理士がいても全国レベルでマッチングを行うノウハウがあるとは限りません。機を逃さずスピーディーに締結させるためには、やはりプロの仲介会社に依頼するのが最善の手段でしょう。仲介会社はマッチングだけでなく、デューデリジェンスや企業評価も行いますし、必要書類を正確に作成しすべてをバックアップしてくれます。合意締結から契約締結まであらゆるサポートを行い、実施後もアフターフォローを行う会社も少なくありません。交渉には想定外のトラブルもつきものですが、何があっても的確に対処してくれる味方がいるのはとても心強いです。費用をかけるだけの意義がある仲介会社を、是非選んでください。

広告募集中